事業紹介

私たち大人には、子どもたちの最善の利益を守り、豊かな自分らしい時間を保障する責任があります。また、子ども・若者一人ひとりが未来に向かって歩いていくためには、福祉的視点と教育的視点の両面からの支援が必要です。いま、支援の質が問われています。

子ども・若者応援団では、質の高い支援を実現するために以下の3つの事業を柱に活動をしています。

  • 学習支援・居場所事業
  • ​支援者育成事業
  • 教育と福祉の連携事業

学習支援・居場所事業

笑顔の少年

教育と福祉の両面からの支援体制によって、一人ひとりの夢や希望に満ちた自立を支えるために、高校卒業を目指し、自己肯定感を高めるお手伝いをします。

寺子屋みらい in 善宗寺

子ども、若者たちが主体的に進路を切りひらいていく力を育み、高校卒業を目的とします。一人ひとりにあわせた学習プログラムのもと、教科毎の個別指導をします。

学習の教育的支援に加え、相談や家庭訪問など福祉的支援も行い両面から継続的にバックアップします。インターンによるサポートもあります。

親カフェ

学齢期の子供の親を対象に、日々の子育てで気になっていることや心配事などを気軽に話せる場です。

教育相談みらい

完全予約制、原則1回50分、相談料無料、相談員は元校長先生です。今困っていることや気になっていることをじっくりお聞きし、これからのことを一緒に考えます。

​支援者育成事業

ピンク色の花「子どもが真ん中」を合言葉に、子ども支援者が集い学び合い、つながって、ソーシャルワーカーとともにちょうどの支援の実践力を身につけます。

子ども支援者交流会

支援を必要としている子どもたちが、途中でこぼれ落ち孤立しないために、子ども支援者たちが集い、学び合い、繋がるための交流会です。

子ども支援者のためのソーシャルワーク講座(基礎講座・応用講座)

支援の原点に立ち、自らの支援のありようを見直し、ソーシャルワークによる具体的な支援の方法を学び合いながら、それぞれの力量を高めます。講師は、ソーシャルワーカーが担当します。

スクールソーシャルワーク研究会

現任スクールソーシャルワーカーの力量を高めること、スクールソーシャルワーカー同士がつながること、実践者のスクールソーシャルワーカーと大学等の研究者がつながることを目的とします。

教育と福祉の連携事業

学校における社会福祉的視点からの支援体制の充実と、自治体における子どもを支える地域力の向上を目指します。

子ども支援・特別支援研究会​

子ども支援の質を高め、支援者のスキルアップを図るとともに、考え方のよりどころとなる研究組織を目指しています。事例をもとにしながら、子どものためのより良いチーム全員で考え、新しい視点や様々なアプローチの仕方を得ることを目的としています。

都立特別支援学校への派遣活動​

外部専門員の委嘱を受けスクールソーシャルワーカーを派遣します。

講演会などの企画・運営

子ども・若者支援に係る企画・運営をします。また、自治体からの委託も受けます。

教育カフェ

あれこれ気になることはあるけれど、誰に相談していいかわからないといった小学校、中学校の若手教員を対象に、日頃、気になっている学校のことを、お茶を飲みながら気軽に話せる場です。

教師とスクールソーシャルワーカーの学習会

多様化している子どもの背景に苦慮している教師と、学校の文化に慣れないで戸惑っているスクールソーシャルワーカーのための学習会です。共に教育と福祉の立場から支援の可能性を探っていきたいと思います。